テキサスにやってきた!ヤア!ヤア!ヤア!~アメリカ駐在~

旦那の転勤でアメリカはテキサスにやって来ました。せっかくなので日々の記録をしていきます!

無駄づかいは人生を豊かに!って誰かが言ってるといいな。

体調が悪くとも、お買いものはクリックさえできれば簡単!

ということで、最近の無駄遣い。

テーマは「古民家を改装して渋いおじさんが一人でやっている隠れ家的なバーのトイレに飾ってあるポスター」です(実話)。

 

『Calories Don't Count When...』

f:id:ko-merusu:20180517113031j:plain

詳しくはこんな感じ。

f:id:ko-merusu:20180517113123j:plain

こんな時はカロリーは計算しないよって、つまり、サンドイッチマン伊達的なアレ(笑)!

ドーナツは穴が空いてるからカロリーゼロってのが一番好き。なんか哲学っぽい。

伊達話はおいておいて、ポスターを右上から左にそして下に読んでいくと、

・...it's your birthday

・...you only eat the broken ones

・...you can't see what you're eating

・...no one sees you

・...someone's gone to all that trouble

・...it's a gift

・...you're eating for two

・...your team is behind

・...your team is ahead

・...you only have caffee

・...you only eat half

・...it's protein

・...it would have gone to waste

・...it's for medicinal reasons

・...you order a diet soda

・...you're honest-to-Got hungry

・...it's for a good cause

・...you've just exercised

・...you had no idea it had so many

・...it's in lieu of warse things

・...you've just givin blood

・...you're on vacation

・...you're cooking

・...it's health food

・...you're starting your diet on Monday

 

一番好きなのは‥「...you can't see what you're eating」(食べてる物が見えない時)です。これからカロリーの高い物は目をつむって食べよう。

 

ダイエットに言い訳はどこの国でも時代でも付き物ですね!というお話でした。

 

もぐささんには関係のない話。

ずっと欲しかったけどすぐに必要な物ではないのでずっと先送りになっていた物を買った!!

最近体調が悪くてずっと家にひきこもりをしていたのだけど、暑い。暑くてうかうか寝てられない。暑い。

 

6月末にテキサスからミシガンへ引っ越すことになった事を受け、ついに買いました!

テキサス内のホテルに泊まるとたまーに見かけるあれ。

 そう、これ!

f:id:ko-merusu:20180508084851j:plain

テキサスワッフルメーカー!

名前と写真の通り、

f:id:ko-merusu:20180508085021j:plain

f:id:ko-merusu:20180508085201j:plain

f:id:ko-merusu:20180508085335j:plain

f:id:ko-merusu:20180508085427j:plain

テキサス州のワッフルが焼けます。

 

 改めて、ものすごく無駄なものだなと思ったし、思われたでしょう。しかし無駄こそ人生!人生無駄だらけ!

 

無駄だけど無駄じゃない。

感動してしまうほど共感できる話が読める漫画について!おいピータン!!17巻

大好きな漫画『おいピータン!!』

f:id:ko-merusu:20180427124029j:plain

食べることが大好きで男気のある小太りのサラリーマン・大森利夫を中心に、彼の同僚や同じ町内を行き交う人々と食べ物に関するエピソードが基本的に一話完結のオムニバス形式で描かれる。

今年の2月に、ついに20年もの連載に幕を下ろした漫画。1巻で付き合い始めた2人もついに結婚です。(次月から『おいおいピータン!!』という名前で新連載がはじまったよ。)

そんな17巻は感慨深い‥だけではなく、この巻には私が長年人に話しても「知らない」と言われ続け、寂しい思いをしていた話が載っていたのです!

 

「ミョウガを食べると物忘れをする」という迷信。

ミョウガを食べるたびに私は一緒にいる友達に聞くのだけど、誰一人として知っている人がいなかった。日本昔話でなかった?『強欲な旅館の主人がお客さんの財布をくすねる為にたくさんのミョウガを食べさせるのだけど、結局そのお客さんから宿代をもらうのを忘れる。』って笑い話。私はこの話が大好きで何度も読み返した思い出。小さい時はそもそもミョウガなんて食べ物知らなかったので、初めてミョウガを食べた時、「あぁこれがあの物忘れのミョウガか!!」と少し感動したものです。

 

小さい時から知っているのに食べた事のなかった食べ物を初めて食べた喜びを含め、そもそもこの迷信・昔話を知っている人が今まで誰一人としていなかった。一人でこの思いを持って生きてきた中、まさに”超”共感できる話が17巻には載っていたのです!感動した!私間違ってなかった!!共感できるって、嬉しいことです。ミョウガで共感されず悲しい思いをしている人には是非読んでいただきたい!!

 

ついでにもうひとつ共感されない話。観光地とかで写真を撮る時、「写真写真~♪」って言っても誰も分かってくれない。私はトリッピーの物まねをしているのだよ。写真好きのトリッピーが写真を撮る時にいつも「写真写真~♪」って言ってなかったっけ?もうこの設定なくなったの?

f:id:ko-merusu:20180427125102j:plain

けどこれはただ一人、高校時代の友達が分かってくれた。そして先月日本で会った時、彼女は「写真写真~♪」って言いながら写真を撮っていた。好き。

 

おいピータン!! 17巻

おいピータン!! 17巻

おいピータン!! 17巻

[著]伊藤理佐

 

 調べてみたら、ミョウガの話は落語の話らしい。

アメリカのデブ飯!飯テロ!アメリカ人はせっかちさんだなあ。

私はファストフード店の広告収集家ですが、最近ものすごい画力のあるバーガーを見つけてしまった!!

ハンバーガーのお供と言えば、そう、ポテト!!ポテトおいしいよねえ。

けれど、ハンバーガー食べてポテト食べてって交互に食べるの面倒くさい!と思ったのかな??

f:id:ko-merusu:20180425103728j:plain

一緒にしちゃったみたい。

 

他のお店だけど、もちろんこれもあるよ!!

f:id:ko-merusu:20180425103805j:plain

ハッシュドポテト!!

f:id:ko-merusu:20180425103934j:plain

ダブルもあるよ。

 

敗因は、メモリのムダ使い。

サンタフェ旅行 2日目 サイクリング・お土産

サンタフェ旅行つづき

 

アメリカに来て初めての自転車。

灼熱の砂漠では乗る気が全く起こらず、日本から持ってきていたことをすっかり忘れていた自転車。

サンタフェをぐるっとまわったのだけど、サンタフェは自転車にとっても優しい街だったので、他のバイカーとヨッてな感じで挨拶を交わしながら快適にサイクリングができた。

f:id:ko-merusu:20180421003337j:plain

アートギャラリーが立ち並ぶストリート。

f:id:ko-merusu:20180421003446j:plain

 

一見ただの質素な教会。

f:id:ko-merusu:20180421005052j:plain

アメリカで一番古い教会だそう。1610年って‥1600年が関ヶ原の戦い?てことは江戸幕府?古い!

f:id:ko-merusu:20180421005329j:plain

 

お土産物屋さんには、オールドアメリカンな民芸品がたくさん。

f:id:ko-merusu:20180421003559j:plain

f:id:ko-merusu:20180421003648j:plain

泊ったホテルのインテリアに触発されたので、コースターを買ってみた。すぐ影響されるタイプ。

f:id:ko-merusu:20180421003731j:plain

 

日本で見損ねたと思っていた桜を、サンタフェで見れるとは!

f:id:ko-merusu:20180421004120j:plain

f:id:ko-merusu:20180421004200j:plain

f:id:ko-merusu:20180421004223j:plain

 

サンタフェは古い街並みだけど古臭いわけでなく、古いと新しいが混ざってお洒落で可愛い素敵な街でした。街自体は小さくて、日本で例えるとどこだろう…滋賀!って感じ!そう!近江八幡だ!まさにそれだ!今年一番のまさにそれ!

 

1610年ってすごい昔だよなあ。

サンタフェ旅行 ホテル Casa Escondida - Bed and Breakfast

サンタフェ旅行のつづきー

 

タオスから1時間、サンタフェから車で20分くらいのとこにあるホテル。山奥にあり、目印もないし、最後道なき道を行くことになるので、暗くなる前に着いて本当によかった。

 

Casa Escondida

casaescondida.com

f:id:ko-merusu:20180418110803j:plain

事務所に入ってみると、

f:id:ko-merusu:20180418110934j:plain

かわいい!おしゃれ!好き!

f:id:ko-merusu:20180418111204j:plain

奥にはキッチンがあり、(かわいい!おしゃれ!好き!)

f:id:ko-merusu:20180418111644j:plain

明日の朝食はこれだって!

f:id:ko-merusu:20180418112034j:plain

キッチンの奥には食堂。素敵!

f:id:ko-merusu:20180418111727j:plain

f:id:ko-merusu:20180418111821j:plain

 

私たちの部屋は事務所のお隣さん。

f:id:ko-merusu:20180418111911j:plain

赤色系の部屋だった!

f:id:ko-merusu:20180418112130j:plain

そういえば、部屋に冷蔵庫もポットもマグカップやコップも置いてなかった!私たちの部屋は事務所の隣だったのですぐ取りに行けて不便はなかったのだけど、事務所から離れた部屋だったら結構面倒くさかったな。

f:id:ko-merusu:20180419095151j:plain

f:id:ko-merusu:20180419095250j:plain

ベランダ。景色が特別キレイってわけではないけど、静かで、もう本当にものすごく静かで、鳥のさえずりなどを聴いて過ごすところです。

f:id:ko-merusu:20180419095422j:plain

私たちの他に4組くらいお客さんがいたのだけど、みんな仕事をリタイアしたくらいの世代の老夫婦で朝食の時以外は会う事はなかった!

 

夜ご飯はスーパーで買ってきたお惣菜を食べ、夜は星を見ながら外でゆっくりしよう!なんて言ってたのだけど、眠気に負け、9時には就寝‥。

 

10時間睡眠の後、お待ちかねの朝食!!

テーブルにはフルーツが用意。

f:id:ko-merusu:20180419095520j:plain

コーヒー紅茶シリアルはセルフでどうぞ。

f:id:ko-merusu:20180419095640j:plain

焼きたてのフレンチトーストとソーセージ

f:id:ko-merusu:20180419095712j:plain

f:id:ko-merusu:20180419095736j:plain

想像していたフレンチトーストではなく、何て言うのだろう、しっとりした蒸しパン?みたいな感じで美味しかった!スパイシーなソーセージとフレンチトーストに甘いシロップをかけて一緒に食べるのが美味しいのよ。

甘い+しょっぱい=うまい!

 

内装のスタイルが完璧に私のタイプで、かわいくて、素敵で、大好きな空間でした!!

チカちゃんありがとうございます!!

 

金田一少年の事件簿File(7) 異人館ホテル殺人事件

金田一少年の事件簿File(7) 異人館ホテル殺人事件

金田一少年の事件簿File(7) 異人館ホテル殺人事件

[著]天樹征丸 : 金成陽三郎 : さとうふみや

 

 こっちの赤い部屋は怖いやつ。

サンタフェ旅行 1日目 Santa Fe・Loretto Chapel・Rio Grande Jorge Bridge・Taos

先週末はニューメキシコ州の州都、『サンタフェ』に行ってきた!

家からサンタフェまでは車で5時間かかるので、朝3時起きで出発!予定だったけど起きられず、出発前にもたつき、結局5時頃出発!

 

家からサンタフェまでは、永遠に同じ景色。荒野を行く。

f:id:ko-merusu:20180417080802j:plain

 

途中アルバカーキという街で朝ごはん。

f:id:ko-merusu:20180417080846j:plain

適当に入ったお店だったのだけど、かなり良い感じ。

f:id:ko-merusu:20180417081708j:plain

スペシャルブランチを注文。

シナモンワッフルと、ワッフルのサンドイッチ

f:id:ko-merusu:20180417080913j:plain

f:id:ko-merusu:20180417080937j:plain

両方とも、甘すぎず、くどすぎず、とっても美味しかった!今までアメリカで食べたブランチの中で一番美味しかったかも。まさかこんな所で出会えるとは!!

 

そんなこんなで、サンタフェに到着。

f:id:ko-merusu:20180417081034j:plain

昔ながらの建物が並び、とても可愛らしい街並み。

まずは、サンタフェのシンボル『聖フランシス大聖堂』へ。

f:id:ko-merusu:20180417081127j:plain

中はこんな感じ。感想は、、ありません。

f:id:ko-merusu:20180417081231j:plain

 

次は、ロレット教会。この協会は水曜どうでしょうで泊まった”Inn and Spa at Loretto”の隣にあります。

f:id:ko-merusu:20180417081321j:plain

中に入ると、誰一人として正面を見ておらず、

f:id:ko-merusu:20180417081412j:plain

みんな後ろにある、この螺旋階段を見ています。美しい。

f:id:ko-merusu:20180417081510j:plain

そう、この螺旋階段には支柱がない!誰がいかなる技術で作ったかは不明らしいです。

f:id:ko-merusu:20180417081631j:plain

一般の人はこの階段にのぼることは出来ないのだけど、ここで結婚式を挙げるカップルにだけは許されているそう。

 

サンタフェでの街ブラを終え、また車で1時間半ほどドライブ。永遠に同じ景色。

f:id:ko-merusu:20180417081816j:plain

向かった先は、Rio Grand Jorge Bridge。

リオグランデとは、テキサスとメキシコの国境にもなっている川。もちろんうちの近所にもこの川は流れていますが、うちのは完全に干からびております。

f:id:ko-merusu:20180417081859j:plain

この橋から見える景色が絶景らしい。

f:id:ko-merusu:20180417082110j:plain

怖い。

f:id:ko-merusu:20180417082226j:plainめっちゃ怖い。ちなみに強風が吹いています。

腰が引ける、足が震える、足がすくむ、などなど、恐怖に対する表現を全て体感できます。写真の10000倍怖い。吊り橋効果を試したい方におすすめ。

 

ドキドキ橋から車で20分くらいのところに、タオスという小さな街があるので寄ってみた。

f:id:ko-merusu:20180417082419j:plain

サンタフェを小さくしたような街で、こちらもとっても可愛らしい街。

 

University of New Mexico Taos‥ニューメキシコ大学タオス校だと思われる校舎。衝撃的に小規模。

f:id:ko-merusu:20180417082701j:plain

勉強に集中できる環境だ!

 

 

朝早くから起きていたので、もう眠い。これにて1日目終了。

 

1限めはやる気の民法

1限めはやる気の民法

1限めはやる気の民法

[著]よしながふみ

 

 大学では勉強しようというお話。